【公式】スナップアップ投資顧問ブログ

日本株式の専門家スナップアップ投資顧問の公式ブログ

キャッシュレス決済加速 【1月19日(火)】

キャッシュレス決済の利用経験率が、6割になりました。 2018年の調査から、20%近く増えました。 「頻繁に利用している」が、33%で、「利用したことがある」が、26%で、合わせて、59%になります。 2018年の調査では、40%でしたので、2年で、19%増えまし…

コロナ禍でロボット活躍 【1月18日(月)】

新型コロナウイルス感染拡大に伴う、医療関係者らの負担を、軽減するために、病院や療養施設でロボットの導入が、始まりました。 感染リスクの高い場所の清掃や、検体の採取、分析などが、任務となります。 東京の宿泊療養施設では、【67532】シャープの小型…

ドメスティックバイオレンス(DV)相談・過去最多 【1月15日(金)】

2020年度のドメスティックバイオレンス(DV)の相談件数が、2020年11月までの累計で、13万2,355件になりました。 内閣府の調査では、過去最多を更新しました。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、緊急事態宣言や、外出自粛が、影響しているものと思われま…

保険商品は、経済を反映【1月14日(木)】

新型コロナウイルスの感染拡大が、2021年も経済に影を落としています。 保険の需要から、経済や企業の変化が、読み取れます。 保険商品の動向が、企業を取り巻く環境を反映します。 建物の建設中の火災や、事故のリスクをカバーする、工事保険は、2020年4~1…

地方銀行・再編、改革が加速?【1月13日(水)】

地方銀行は、人口減少などで、経営環境が厳しさを増し、政府や日本銀行は、地銀に抜本的な改善策を求めています。 コロナウイルスの感染が、再拡大する中では、地銀には、地元の中小企業を支援する役割が、期待されています。 今月1日に、新潟県を地盤とする…

年金運用・投資撤退(ダイベストメント) 【1月12日(火)】

温暖化による、将来の気候変動が、経済活動に負の影響を及ぼし、投資の運用利回りの低下をもたらすとの考えが、一般的になってきました。 企業の安定的かつ長期的な成長には、二酸化炭素の排出の削減や、再生可能エネルギーの使用などの環境問題への取り組み…

改正会社法とデジタル・プラットホーム取引透明化法【1月8日(金)】

改正会社法が、3月1日に施行されます。 株主総会や取締役の規定等を見直して、企業統治を強めるのが目的です。 今年の株主総会に影響を及ぼす点もあり、新型コロナウイルスの感染などで、手が回らなかった企業は、対応が急がれます。 今回の法改正で、社外取…

電気自動車の普及で雇用半減?【1月7日(木)】

2050年に脱炭素化社会を目指す、政府のグリーン成長戦略は、産業構造の転換を通じて、国際競争力を、高める狙いがあります。 電気自動車(EV)を中心にした、主導権争いが進む、自動車産業が、最大の焦点となります。 グリーン成長戦略は、2030年代半ばまで…

明暗が大きく分かれる・ソニーとパナソニック【1月6日(水)】

コロナ禍で終始した2020年は、多くの企業の明暗が、大きく分かれました。 代表例は、【6758】ソニーと【6752】パナソニックです。 ソニーは、巣ごもり消費が追い風となって、ゲームや音楽などが伸び、2021年3月期の純利益は、前年比、37%増の8,000億円を見…

人件費削減・希望退職募集した企業が急増 【1月5日(火)】

人員削減に乗りだす上場企業が、増えています。 金融と保険を除く国内企業、2020年7~9月の、経常利益は、前年同期比、28.4%減少し、3四半期連続で、25%以上の落ち込みが、続いています。 2020年に希望退職を募集した企業は、91社、募集人員は、約18,000人…

商品価格・液晶パネルが上昇率トップ、金価格も上昇  【1月4日(月)】

2020年の、主要商品100品目の取引価格は、2019年末に比べて、4割が下落し、3割が上昇しました。 下落が、2年連続で、上昇を上回りました。 コロナウイルス感染拡大による、浮き沈みが、色濃く出た、1年でした。 下落は、前年に比べて、2品目減って、40品目、…

日本銀行 実質的に日本企業の最大株主に 【12月30日(水)】

日本銀行が、上場投資信託(ETF)の購入を開始して、10年が経過しました。 当初は、4,500億円でした購入予定額は、年と共に増えていきました。 そのような中、2020年11月、日本の株式市場で、歴史的な交代が起こりました。 日銀の株式保有額が、45兆円にな…

新興・途上国債務  800兆円以上 【12月29日(火)】

新型コロナウイルス感染拡大で、新興・発展途上国の、債務返済が滞るリスクが、高まっています。 債務削減が、必要で、11月に行われた、G20首脳会談で、アジアやアフリカの債務国の、債務支払い猶予策の延長や、民間債権者の関与を促すことを、確認しました…

バリュー株不発  日本企業は経営効率の改善が求められる 【12月28日(月)】

11月、世界同時に、バリュー株(割安株)に反発が、起きましたが、日本だけが長続きしませんでした。 11月10日に、グロース株(成長株)が、一斉に売られ、バリュー株が、急騰しました。 しかし、日本だけが、数日でグロース株優位に、戻ってしまいました。 米国…

重厚長大型企業  脱炭素へ具体的な計画が求められる【12月25日(金)】

菅首相の「2050年の温暖化ガスの排出実質ゼロ宣言」を機に、脱炭素社会実現への機運が急速に、高まっています。 ESG投資(環境・社会・企業統治)の浸透で、温暖化ガスの排出量の多い重厚長大型企業には、強い逆風が吹いています。 環境に対する姿勢が、取…

軽自動車・トラックが課題 【12月24日(木)】

日本自動車工業会は、政府の「2050年までに温暖化ガス排出量を実質ゼロ」宣言を巡り、自動車業界としても、取り組んでいく方針を決めました。 自動車業界の二酸化炭素の排出量は、1憶8,000万トンで、2001年に比べ、、2割減少していますが、自動車の温暖化ガ…

「物言わぬ株主」が「物言う株主」へ 生命保険会社 【12月23日(水)】

物言わぬ株主と批判されてきた、大手生命保険会社に、変化が見られます。 今年の株主総会で、第一生命保険は、会社議案に対する、反対率が前年比、4%増えて、17%に達しました。 日本生命保険は、独立性の高い、社外取締役の選任を、要求し、6割の企業が、…

ファクタリングの利用が広がる 【12月22日(火)】

ファクタリングとは、売掛債権に保険をかけたり、売掛債権を買い取ってもらい、現金化するサービスです。 一般に、企業間取引では、商品やサービスを供給し、代金は、後から回収する形態をとりますが、手元に資金が必要な場合に、売掛債権を、早く現金化でき…

街角景気が急激に悪化 先行きは不透明 【11月21日(月)】

コロナウイルスの感染、再々拡大で、街角の景況感が、急激に悪化しています。 12月8日、内閣府発表の街角景気の、「現状判断指数」は、45.6で、前月から、8.9ポイント低下しました。 低下は、4月以来、7ヶ月ぶりです。 景気に敏感な、業種、職種の経営者や、…

不良債権買い取りファンドが活発【12月18日(金)】

コロナ感染拡大による、経営環境悪化に伴い、企業の不良債権を買い取るファンドの動きが、目につきます。 現在準備中のファンドの調達目標額は、1,010億ドル(約10兆円)に達します。 不良債権投資に強みを持つ、米ストラテジック・バリュー・パートナーズは、…

買い場を探る? 6,500億円の待機資金 【12月17日(木)】

日経平均株価は、11月に急騰し、12月7日に戻り高値を付けた後は、2万6,000円台後半で、もみ合いを続けています。 株価急上昇の中、注目されるのは、個人投資家が、多く保有しているとされる、日経平均株価連動債(日経リンク債)の償還金の行方です。 新たな材…

【4324】電通グループは 国内、海外ともに苦戦 【12月16日(水)】

電通グループは、海外事業に携わる、5,800人を、2021年末までに、削減すると発表しました。 2019年12月にも、2年間で、海外人員を1,400人削減すると発表しているので、2019年から3年間で7,000人以上の人員を、削減することになります。 国内でも、一部社員を…

自治体の税収減をカバー 宝くじ【12月15日(火)】

宝くじの人気が、回復しています。 宝くじは、売り上げの、4割が、都道府県や政令指定都市の財源になります。 2021年度の地方税収は、コロナ感染拡大の影響で、3兆円以上の大幅な、税収減が、見込まれます。 宝くじの収益は、その1割程度ですが、コロナ禍で…

11月、日本株を大幅買い越し、海外投資家 【12月14日(月)】

海外投資家は、11月に1兆5,113億円の日本株を、買越しました。 これは、2019年4月の1兆6,055億円以来、1年7か月ぶりの大きさです。 コロナワクチン開発が進む中、世界経済の回復が期待され、景気敏感株の多い、日本株が見直されました。 一方、国内の金融機…

ビットコイン最高値更新  暗号資産(仮想通貨)決済も【12月11日(金)】

暗号資産(仮想通貨)とは、インターネット上で取引される、通貨としての機能を持つものです。 国や中央銀行などの、公的な発行主体や管理者は、存在せず、取引所を通して、ドルや円などの通貨と交換でき、物の購入やサービスを、受けたりすることが出来ます。…

複合プリンター販売不振 リコーなど人員削減 【12月10日(木)】

【7752】リコー、【7751】キャノン、【4902】コニカミノルタ、【4901】富士フイルムホールディングス、米国ゼロックス、の複合機大手5社が、1~9月に海外を中心に従業員を約1万6,000人削減しました。 削減人数は、事務機事業の7%に当たります。 ペーパーレ…

減損処理が拡大 8年ぶり規模【12月9日(水)】

上場企業の2020年4~9月期に計上した減損損失は、7,430億円で、4~9月期では、円高不況の、2012年以来、8年ぶりの高水準になりました。 減損処理は、通常、年度末が多いのですが、新型コロナウイルスの感染の長期化は、避けられないと見て、前倒しで、、踏み…

世界同時株高 リスクマネーが集中【11月8日(火)】

11月は、世界中で、株式の記録的な上昇が、相次ぎました。 世界株指数は、過去最大の上昇率となり、日経平均株価は、月間歴代3番目の3,456円の上昇を記録しました。 米大統領選挙の結果が、固まり、新型コロナウイルスのワクチンの開発が進み、投資家が、リ…

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)と日本銀行【12月7日(月)】

公的年金を運用する、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、日本株売りに転じています。 2020年7~9月の売越額は、数千億円になったようで、以降も、売越しが、続いている模様です。 上場投資(ETF)を、大量に購入してきた、日本銀行も、買入れの…

想定為替レートは105円台  円高がリスク要因に【12月4日(金)】

外国為替市場の、円高・ドル安が、製造業の業績の足を、引っ張っています。 2020年度下期の、対ドルの想定レートを開示している企業は、102社あるそうですが、想定レートの平均値は、1ドル=105円40銭で、前年同期の、108円81銭に比べ、3円強の円高水準を想…