【公式】スナップアップ投資顧問ブログ

日本株式の専門家スナップアップ投資顧問の公式ブログ

香辛料の取引価格が高騰 【10月25日(月)】

スパイスやハーブの取引価格が、高騰しています。 産地での天候不順に加え、コロナ感染拡大に伴う人手不足が影響し、供給が減っています。 コンテナ不足で、海上運賃が高いことも一因です。 値上がりが目立つのは、中国産の香辛料です。 代表的な香辛料の唐…

アパレル各社・商品出荷に大幅遅れ【10月22日(金)】

日本のアパレル企業で、秋冬物の新商品の発売が遅れています。 新型コロナの影響で、衣料品を生産するベトナム工場の稼働が落ち、商品を思うように調達できないためです。 緊急事態宣言が解除され、経済が再開に向かう中、個人消費の回復に水を差す可能性が…

世界の新車販売が大幅に減少・売上高減少 24兆円 【10月21日(木)】

【7203】トヨタ自動車は、11月の世界生産を、従来の計画から、15%減らすと発表しました。 部品不足に伴う新車の減産が、長期化していて、日米欧中の主要4市場の9月の販売は、前年同月比、26%減りました。 減少幅は、3ヶ月連続で大きくなっています。 9月の…

台湾海峡に中国軍が侵入 【10月20日(水)】

台湾が周辺空域に設定した、防空識別圏に10月4日、中国の近代型戦闘機38機と大型爆撃機12機など、延べ56機が侵入しました。 台湾が、中国軍機の侵入数を逐次公表するようになったのは、2020年9月からです。 中国軍機の飛来が急増し、脅威を内外に示す必要が…

バイオマス発電・林業にとって再興の一歩 【10月19日(火)】

バイオマス発電の国内設備容量は、5年で2.5倍になりました。 間伐材を主な燃料とするので、環境負荷を低減させる効果が見込めるだけでなく、従事者減少や産業競争力低下が進む、林業にとって、再興につながるヒントとなります。 固定買取制度(FIT)で認定され…

コロナ禍で、長期欠席3万人以上・いじめは減少 【10月18日(月)】

2020年度、コロナ感染回避を理由に、学校を長期欠席した児童生徒が、全国で約3万人いたことが文部科学省の「問題行動・不登校調査」で分かりました。 文科省は、毎年、年度内に30日以上の長期欠席をした児童生徒を調べ「不登校」「病気」「経済的理由」など…

経済再始動・コロナ感染が一服 【10月15日(金)】

世界の新型コロナの新規感染者数が、減少に転じています。 感染力の強いデルタ型の猛威が和らぎ、世界の120の国や地域で、感染者数が減少に転じ、デルタ型流行前の、5月中旬の水準に戻りました。 欧米では、小売りや外食が、再び勢いづく兆しが出ています。 …

PCR検査機器・2019年5月に中国で発注が急増 【10月14日(木)】

オーストラリアに拠点を置く、サイバーセキュリティ会社が主体となり、米国と豪州の元情報機関の職員や、英国の情報分析の専門家らで構成するチームが、新型コロナの発生源とされる、中国湖北省のPCR検査機器の調達を巡る報告をまとめました。 2019年5月…

和ろうそく・輸出が2倍に 【10月13日(水)】

明治時代から続く、和ろうそく店、高沢商店(石川県七尾市)の輸出額が、2年間で倍増しました。 植物を主原料としていて、職人が手作りするため、すすが出にくく、部屋や仏壇を汚しません。 世界的な環境意識の高まりや、コロナ禍の巣ごもり需要を背景に、世界…

和ろうそく・輸出が2倍に 【10月13日(水)】

明治時代から続く、和ろうそく店、高沢商店(石川県七尾市)の輸出額が、2年間で倍増しました。 植物を主原料としていて、職人が手作りするため、すすが出にくく、部屋や仏壇を汚しません。 世界的な環境意識の高まりや、コロナ禍の巣ごもり需要を背景に、世界…

暗号資産・関東信越国税局が一斉調査 【10月12日(火)】

暗号資産の税務処理に、国税当局が監視を強めています。 関東地方で大規模な税務調査があり、数十人が、約14億円の申告漏れを指摘されました。 一斉調査は、2020~2021年にかけて関東信越国税局が行いました。 主に、暗号資産エイダ(AIDA)の売買で、利益を出…

中国の電力不足・日本企業にも影響 【10月11日(月)】

中国で、深刻な電力不足が起きています。 当局が、環境対策として、石炭を主燃料とする火力発電所の発電抑制に動いたことが要因です。 全国の三分の二の地域で、電力供給を制限しました。 日系企業の操業にも、影響が出始めています。 電力不足が起きている…

「人生100年時代」健康寿命を延ばす!【10月8日(金)】

「人生100年時代」と言われている昨今では、70歳を超えて働くことを想定している人も少なくありません。そのために必要不可欠な要素として、「健康寿命」を延ばすことへの関心が年々高まっています。 健康寿命とは、「心身ともに自立し、健康的に生活できる…

三大疾病の死亡率が高い60代!【10月7日(木)】

サラリーマンの場合、多くはこの年代で第一線を退くため、生活が大きく変わります。そのなかで見落としがちなのが、健康診断です。これまで会社の指導によって受けていた人たちが、どこで健診を受けていいのか、どんな手続をすればよいのか、わからなくなる…

感染防御となる免疫機能を担う腸!【10月6日(水)】

免疫とは「疫病から免れる」という意味の生体がもつ重要な働きです。感染症に一度かかると2度目は軽く済んだり、かからなかったりすることで、腸には免疫に関わるシステムが数多く備わっています。 そのメカニズムは少し難しいのですが、小腸の上皮細胞の合…

70代リタイア時代の健康術!【10月5日(火)】

食生活の乱れに伴う2型糖尿病は、65歳以上の高齢になると認知機能の低下や日常生活動作(ADL)の低下に伴い、死亡リスクが上がります。 早期段階で予防するには、中年期から血糖コントロールのための食生活の見直しが欠かせません。 糖尿病と認知症には深い関…

70歳リタイア時代の働き方! 【10月4日(月)】

これまで進められてきたのは「65歳現役社会」への移行でした。公的年金の標準的な受給開始年齢が65歳に引き上げられたこともあって、いま会社は65歳までの雇用確保義務があります。定年退職年齢を60歳としている場合でも、65歳までは継続雇用などで働く場を…

つながらない権利 【10月1日(金)】

コロナウイルス禍の中、就業時間外の業務連絡を受けない「つながらない権利」が世界的に注目されています。 テレワークが定着して、私生活との境界が曖昧になり、長時間労働のリスクが高まったためです。 「私生活とのバランスが取れる在宅勤務を実現したい…

TPP・中国と台湾が加盟申請 【9月30日(木)】

環太平洋経済連携協定(TPP)は、中国と台湾が加盟を申請したことで、自由主義と権威主義の覇権争いの様相を呈してきました。 茂木外相は、台湾の申請を歓迎したいと表明しましたが、加盟国の対応には温度差があります。 本来は、対中国包囲網を期待されたTP…

暗号資産事業・ベンチャーキャピタルの投資加速【9月29日(水)】

世界のベンチャーキャピタル(VC)による暗号資産(仮想通貨)事業への投資が加速しています。 1~9月までの暗号資産やブロックチェーン企業への投資額は、173億ドル(約1兆9,000億円)と前年同期の4倍になっています。 暗号資産決済などの利用の広がりが、投資を…

スタートアップ育成環境・東京が9位に浮上 【9月28日(火)】

スタートアップ企業が育ちやすい都市のランキングで、東京が初めて9位になりました。 前年の15位から大幅に順位を上げて、日本の都市としては、初めて10位以内に入りました。 資金調達のしやすさや、人材の豊富さなどが評価されました。 米調査会社が、2021…

ユニバーサル・スタジオ北京(USB) 【9月27日(月)】

9月20日、北京郊外に米系テーマパークのユニバーサルスタジオ北京(USB)が正式に開業しました。 年間1,000万人程度を集客し、1,000億元(約1兆7,000億円)の経済効果を見込みます。 米中対立が激化する中でも、中国でのハリウッド人気は根強いものがあります。 …

半導体不足・新車納期に影響 【9月24日(金)】

半導体不足や、東南アジアのコロナ感染拡大の影響で、自動車減産が広がっています。 【7267】ホンダは、8~9月の国内生産を計画比、6割減産すると発表しました。 2021年度の減産は、日本車全体で100万台を超え、【7203】トヨタ自動車や、ホンダの国内販売で…

政府月例報告・景気回復の判断引き下げ 【9月22日(水)】

政府は9月の月例経済報告で、景気は持ち直しの動きは続いているもののこのところテンポは、弱まっているとし、4か月ぶりに判断を引き下げました。 月例報告では、製造業の生産活動の判断を、このところ一部に弱さがみられるものの、持ち直しているとしました…

航空会社の資金懸念が再浮上 【9月21日(火)】

世界の航空会社で、資金懸念が再浮上しています。 ワクチン普及で見込んでいた航空需要の回復が、デルタ型コロナのまん延で、見通せなくなっています。 日本航空(JAL)が約3,000億円の調達を発表するなど、航空業界で資金を手厚くする動きが出ています。 JA…

自社株消却と自社株買いが積極化 ② 【9月17日(金)】

【9086】日立物流は、プライム上場に向けて、流通株比率35%の達成が懸案でした。 約700万株の金庫株を消却し、8月中旬に、プライムを選択すると発表しました。 【2678】アスクルは、プライム市場上場をにらみ、400万株消却して、37%程度でした流通株比率を…

自社株消却と自社株買いが積極化 ① 【9月16日(木)】

上場企業が、自社株の消却に積極的になっています。 1~8月の消却件数は、前年比、3割増の137件と過去最多となっています。 自社株買い金額も、急増しています。 コロナ禍で悪化した業績の回復が進み、株主還元や、資本効率の改善を進める動きが戻っています…

プライム市場・地方銀行の判断が焦点 【9月15日(水)】

2022年4月の東京証券取引所の市場再編で、9月1日から、新市場の選択申請が始まりました。 地方銀行の判断に、注目が集まります。 約8割の地銀が最上位の「プライム市場」の基準を満たしているようですが、プライムでは、企業統治や、気候変動への対応では高…

中国・食糧安全保障、トウモロコシの輸入急拡大 ② 【9月14日(火)】

日本と同様に中国でも、農業従事者は、高齢になり、都市化が進んでいます。 水不足や、土壌の汚染も深刻で、農地の維持が、困難になってきています。 中華人民共和国の建国以来、堅持してきた自給方針を変え、食糧の安全保障において、供給源が、国内か、外…

中国・食糧安全保障、トウモロコシの輸入急拡大 ①【9月13日(月)】

今年に入り、国際商品市場では、非鉄金属や原油とともに、穀物相場の上昇が目立ちます。 最大の要因は、中国が食糧安全保障に傾斜し、トウモロコシなどの買い付けを急拡大させたことによります。 農産物の安定生産に欠かせない肥料の原料や、海上輸送にも波…